2019年11月

ファッション通販でサイズに失敗しない方法

   一昔前はファッション通販は冊子から選び、ハガキや電話、ファックスから注文していましたが、インターネットが普及した現代ではオンラインのショッピング通販が競い合うように出店しています。日本国内におさまらず、世界中でボタン一つで簡単に購入できるのは選択肢も広がり魅力です。

   最大のデメリットは、購入の際に試着したり、実際に素材などを目や手で確認できないということです。私も以前、自分に合うサイズだと思って注文したものの、実際届いてみると、サイズが合わなかったり、思ったより生地が薄すぎたりなどという失敗がありました。ということで、通販に向き合う前にご自身のサイズをメジャーできちんと測り、数字を把握しておくことで失敗を減らすことができます。女性の方も男性の方も、基本的なバスト、ウエスト、ヒップ、股下の長さを測っておけばある程度のお洋服のショッピングには役立ちます。ジャケットを購入する際には肩幅などもあらかじめ測っていた方がいいでしょう。

   また、私の場合、例えばウエストはMだけどヒップはLだなという場合は、どうしても欲しい商品であれば大きめのLサイズを購入し、商品が届いた後にお直し屋さんでぴったりのサイズに変えてもらいます。小さくてきついというよりも、大きい方がまだ改善の余地があるので、悩んだ場合は大きいサイズを購入しましょう。